避難所における コミュニティ形成支援を目的とした ICTソリューション

ICT Solutions for the Purpose of Community Formation Support of Shelter
岩ヶ谷 優汰(B4)

2011年3月に発生した東日本大震災は物的損害だけではなく、人々の精神面にも損害を及ぼしていた。メディアでは直接死や物的被害が大きく取り上げられていたが、避難所では精神的に衰弱し、命を落としている人々が多数いた。当時、物的損害に対する制度や防災・減災を目的とした技術は発達しつつあったが、精神面に向けたケアは確立されていなかったためである。
この問題に対し、過去の研究調査から人々の精神的ストレスを軽減する策、人々の生活再建を促す対策としてコミュニティの形成が浮かび上がった。コミュニティが被災者の心身、被災地の復旧に有効であることから、避難所に向けたコミュニティ形成支援を目的とし、研究に取り組んだ。コミュニティに関する理論や意義について文献調査を行い、そして獲得した知見に基づき、ICTソリューションを提案し、専門家の方にレビューして頂くこととした。
文献調査からはコミュニティが人々の不安やストレスを軽減し、また共助力を高めるということがわかり、加えてコミュニティは人々の「共同性」や「人と関わる機会」が基盤となって形成されるということも明らかとなった。これらを創出するICTソリューションとして、回覧板をモデルにした「避難所用回覧板アプリケーション」を制作した。完成したアプリケーション及び本研究に関して、静岡県地震防災センターの西井氏、中村氏に評価、助言を頂いた。
本研究で提案したアプリケーションはコミュニティ形成を支援するための試作型のソリューションである。今後、実証実験やシステムの追加や機能の実装などを行うことによって、社会に対してより効果的なコミュニティ形成を促すソリューションと成り得るだろう。



The Great East Japan Earthquake that occurred in March 2011 had not only physical damage but also damaging the spiritual aspects of people. Direct death and physical damage were taken up largely in the media, but at evacuation shelters, there were many people who were mentally weak and lost their lives. At the time, the system for physical damage and the technology aimed at disaster prevention / reduction were developing, but care for the mental aspect was not established.
In response to this problem, formation of communities emerged as a measure to mitigate people's mental stress from research in the past, and measures to promote people's living reconstruction. Since communities are effective for restoring the mind and body of the victims and the affected areas, we aimed to support community formation toward evacuation centers and worked on research. Conducting a literature survey on community theory and significance, and based on the acquired findings, we decided to propose ICT solutions and to review by experts.
From the literature survey, it turned out that communities alleviated people's anxiety and stress, and also enhanced their cooperation. In addition, it became clear that communities are formed on the basis of "cooperativeness" and "opportunity between people to interact with people". As an ICT solution to create these, we created a "Circulation Board Application for Shelters" modeled on circulation boards. Mr. Nishii and Mr. Nakamura of the Shizuoka Earthquake Disaster Prevention Center gave evaluation and advice on the completed application and this research.
The application proposed in this research is a prototype solution to support community formation. In the future, it will be a solution that encourages society to form more effective communities by conducting verification experiments, adding systems and implementing functions.