ネットワークアプローチによるデータサッカー

Data soccer using a network approach
杉山 遼介(B4)

本研究では、静岡県の地元サッカークラブであるジュビロ磐田の試合戦術の現状認識をするために3つの方法でアプローチした。具体的にはジュビロ磐田のデータとJ1リーグ平均の比較、重回帰分析とネットワーク分析の融合である。J1リーグの平均データと比較することでジュビロ磐田の戦術を客観的に評価し、重回帰分析を行うことでジュビロ磐田の勝つための指標を抽出した。勝つための指標が見出せた場合、その指標を作り出す選手間の関係を発見するためにネットワーク分析を行った。そして、アプローチによって見出したジュビロ磐田の現状の課題に対しての議論を行った。議論を上で、ジュビロ磐田が試合に勝利するために必要である改善案を提案した。
その上で、本研究の価値を言及し、本研究の可能性を示唆した。



In this thesis, the outher approached in three ways to recognize the current state of game strategy of Jubilo Iwata which is a local football club in Shizuoka prefecture. Specifically, it compares the data of Jubilo Iwata with the J1 league average, fusion of multiple regression analysis and network analysis. By comparing Jubilo Iwata's tactics objectively with the average data of the J1 League, he conducted multiple regression analysis to extract indicators for winning Jubilo Iwata. When an index for winning could be found, a network analysis was conducted to find the relationship between the players who produce that indicator. And we discussed the problem of the current situation of Jubilo Iwata found by approach. On discussion, Jubilo Iwata proposed an improvement plan that is necessary to win the game.
Then, he refer to the value of this research and suggest the possibility of this research.