動態センサを活用した災対誘導プラクティス

Anti-Disaster Leading Practice Utilizing Kinetics Sensor
金原 大河(B4)

我々が暮らす日本列島は常に地震災害の危機と隣合わせである。震災はいつ何時発生するか予想は難しく、我々はこの危機に対し被害を最小化すべく事前に備え、様々な対策を講じてきた。しかし2011年3月の東日本大震災ではマグニチュード9.0という過去に類を見ない超巨大地震が発生した。死者は約16000人と数えられており、我々がこれまでに講じてきた対策も未だ不充分であるということを痛感させられることとなった。
本研究では今以上により災害に強い社会を実現すべく、ICTの力をもちいて災害時の支援システムを提案・実装する。しかし一口に災害時と言ってもその実態は様々であり、災害発生直後の緊急避難状態時や避難所での不安定な生活の最中、生活は安定したが元の家には戻れない状態の時期など、多くのケースが考えられる。今回はそれらの中でも最も死亡などといった最悪なケースに繋がりやすい災害発生直後の緊急避難時に着目する。
緊急避難時に陥りやすい状態として、逃げ遅れがある。東日本大震災ではこの逃げ遅れと震災後の二次災害である津波によって多数の死者を出す結果となった。突然非常事態に陥り、目の前の危機を正しく評価することができないというのは人間であれば避けることは難しい問題である。この逃げ遅れに対する支援システムを調査・実装・検証の順に構築していく。

The Japanese archipelago we are living always next to the danger of earthquakes. We have long been prepared and taken measure for this disaster because predicting earthquakes is too difficult for us. However, in March 2011, Great East Japan Earthquake occurred. The number of deaths was counted as about 16,000. We have felt keenly that the measure we have taken until now is not enough.
In this paper, I suggest and implement evacuation support system for time of disaster by ICT power to realize a disaster-resistant society. But in time of disaster have various situation. For example, emergency evacuation situation just after a disaster, unstable life situation in a haven, a situation that haven life stabilized, but can’t return to the home. Among them, this paper focuses emergency evacuation situation that is likely to lead to the worst case such as the death.
escape delay can be considered as a state that is likely to fall during emergency evacuation. In Great East Japan Earthquake, people taken a heavy toll lives by this escape delay and tsunami that secondary disaster. It is an unavoidable problem that people can’t assess properly the crisis in front of our eyes in an emergency. The evacuation support system for escape delay will be constructed in the order of research, implementation, verification.