Operation

静岡大学情報学部では、4年間に渡る学びの集大成として、研究室に約1年半在籍し、「卒業研究」に取り組んで、その研究成果を論文などにまとめます。研究室は、教員、大学院生、卒業研究に取り組む学部3・4年生で構成され、同じ専門分野の研究テーマを追求していきます。

遊橋研究室では、この1年半を将来の夢に向かって邁進するかけがえのない時期と捉え、思い切り卒業研究に取り組むことで将来の礎となる経験ができるように運用しています。教育活動として、2種類のゼミナールを実施すると共に、研究室所属の学生、OB・OG、学外関係者との交流を活性化するために様々なレクレーションイベントにも力を入れています。
また、教員の民間企業における勤務経験を活かして、就職活動の個別支援をおこなっています。

スマート・ライフ実験室

1. ゼミナール (Seminars)
研究室所属学生に対して、授業期間中に毎週実施する「定例ゼミナール」と、年に1回実施する「秋合宿」を通じて専門教育をおこないます。また、4研究室合同「ビタミン活動」を通じて、ビジネス系スキルの習得を目指します。
※ 修士・博士の学生は随時個別指導。

(1) 定例ゼミナール
情報処理やビジネスのスキルを習得するために、プロジェクト演習などをおこないます。3年次には、スマートフォンのアプリケーション開発などを習得し、ビジネスプランコンテストへ挑戦します。また、アカデミックスキルについては、レポートの書き方や発表の仕方に始まり、社会調査方法の習得を経て、学会・研究会での口頭発表やポスター発表をおこないます(2015・16年度はモバイル学会に参加)。そして4年次には、卒論研究を本格化させていきます(大学院進学予定者は卒業研究も発表)。

(2) 秋合宿
他大学の研究室と合同で、ディベート合宿をおこないます。また併せて、レクレーションとして近隣の観光やBBQ、テニス大会などをおこないます。2016年度は、東京工業大学・横浜国立大学・新潟大学と合同合宿をおこないました

(3) ビタミン活動
情報学部のビジネス系4研究室が1ヶ月に1回ペースで合同ワークショップし、ビジネス系基礎スキルの習得を目指します。2017年6月現在、企業情報システムの田中(宏)研究室、国際経営の永吉研究室、金融システムの遠藤研究室、そして遊橋研究室の合計4研究室が参加しています。
※ビタミン活動の最新情報はこちら

2. イベント (Events)
学生から幹事を選出し、主体的に交流を目的とした各種レクレーションイベントを実施しています(全員参加、役員は年交代)

(1) ゼミナールコンパ
B3の研究室配属を歓迎して、「新歓コンパ」を7月下旬に実施します。また、「忘年会」もしくは「新年会」、さらにB4およびM2の卒業・修了を祝って「追い出しコンパ」を3月中下旬に実施します。

(2) 花見(4月上旬)
桜が見頃となる時期の土・日曜日に、就職活動の情報交換を兼ねて浜松城公園で花見をおこないます。OB・OGや遊橋研究室の各種活動の関係者を招待して実施します。

(3) テニス大会(10・11月)
スポーツの秋に、研究室メンバーの学年横断的な懇親を深めるためにテニス大会を開催しています(テニスの初心者歓迎)。事前に3・4年生混合ダブルスチームを組み、練習期間を経て開催となるため、盛り上がります。

3. 就職活動支援 (Employment Support)
指導教員は19年間NTTグループの企業に勤務し、新卒・中途採用で面接官をおこなった経験を持っています。その経験を活かし、手厚く就職活動の個別支援をおこなっていきます。
ただし、就職活動における学生個人の競争力は、"あくまで"本研究室におけるゼミナールへの取り組みや自主的なイベント企画などから生じるというスタンスです。

就職支援セミナー