Announcements‎ > ‎

2016年度・秋合宿を実施しました

posted Sep 20, 2016, 8:32 AM by 遊橋研究室   [ updated Oct 30, 2016, 8:19 PM ]
2016年9月17日から19日の日程で、秋合宿をおこないました(場所:八ヶ岳・清里)。二日目からは東京工業大学(大学院社会理工)・新潟大学(法・鈴木ゼミ)・横浜国立大学(経営・田名部ゼミ)と合流し、「少子高齢化」について意見交換をおこないました。以下、秋合宿の報告をいたします。

執筆者: 川瀬 雄也

---

四校合同ディスカッションでは、「少子高齢化」を統一テーマに、各校の参加チームから深掘り論点を提示し、次々に議論をおこないました。
静岡大学・遊橋研究室では、3年生チームが「高齢者が長く健康に暮らすためのIoT活用」、4年生チームが「少子高齢化による労働力不足と人工知能やロボットの導入による労働力需要の変化」という論点を提案しました。専門分野の違いから様々な意見が飛び交い、視野を広げる貴重な経験となりました。

三年生にとっては初めての研究室イベントでしたが、先輩の表現方法や資料作りの技法、各大学の先生方からの意見など、大変勉強となりました。また、夕食のバーベキューでは、研究室メンバー同士の絆が深まったのはもちろんのこと、他大学参加者との交流が生まれました。
この合宿で培ったチームワークを、今後の研究活動に活かしていきたいと考えています。

四校交流ディスカッションとバーベキュー

交流ディスカッションメンバーと清里・吐竜の滝観光